学校案内

学校長あいさつ

この地から未来へ、世界への一歩を踏み出そう

杉並学院高等学校は、自立心、創造性、知・情・意の調和的発達と健康を重要視しつつ、社会に貢献する有為な人材を育成することを教育理念としています。この理念に基づく環境の中で、多くの生徒が第一志望校への合格など、自己実現を果たしています。また、全国的な成績を収めている合唱部・ゴルフ部・バトントワーリング部をはじめとする多くの部活動も生徒たちの心身の成長の一助になっています。

本校の教育の特長を3つ挙げさせていただきます。

はじめに、SILSS(杉学個別学習支援システム)です。これは、毎日の授業と連携し、各自のニーズに応じて放課後学習などを支援する学習支援システムです。自習室の利用、対面型個別指導、チューターによる学習サポート、長期休業中の講習など、内容は多岐にわたります。

次に、ICT教育です。2018年度から全生徒にiPadを貸与し、授業や課外活動などで利用しています。特に学習支援プラットフォーム「Classi」の活用により、家庭学習のさらなる充実が図られています。

最後に、国際理解教育です。本校ではかねてよりオーストラリアの姉妹校と短期留学の相互交流を行ってきました。2017年度よりカナダ・オンタリオ州への中長期留学も開始し、日本人がほとんどいない地方での4カ月間・10カ月間のホームステイにより、参加者は語学力の向上のみにとどまらない体験をしてきます。

以上の3つの取り組みの他にも、本校の生徒として高校3年間を過ごす生徒の皆さんを、教職員は全力で応援します。学習に真剣に取り組み、先生や友人との絆を深め、学校行事や部活動に励みましょう。そして、夢の実現に向かって挑戦しましょう。

本校は女子教育の長い伝統を経て2000年に男女共学校として再出発する際、建学の精神を「自立・成楽 ~社会に役立つ人であれ~」と定めました。「自立」とは、自ら判断し行動する人間になること、「成楽」とは、成功に向けて挑戦を続け、自らの成長過程を楽しめる人間になることを目標とした言葉です。

杉並学院は、生徒一人ひとりが未来へと目を輝かせ、世界へと飛び立つ最初の一歩を踏み出す舞台となりたいと願っております。ここで共に学ぶ生徒の皆さんを、心からお待ちしております。

学校長 工藤 敏夫